AGAや薄毛の予防対策に湯シャンが効果的って本当?

AGAトピックス
AGAや薄毛の予防対策に湯シャンが効果的って本当?の画像

あなたは湯シャンという洗髪方法を知っていますか?

名前は知っているけれど、やり方は知らないしどんな効果があるのかもわからない、という方に向けて今回は湯シャンについての知識を紹介したいと思います!

AGAや薄毛対策として有効な手段となる可能性もあるので選択肢の1つとして考えてみてください!

湯シャンってなに?

湯シャンとはシャンプーやコンディショナーを使わずに お湯だけで髪の毛や頭皮を洗う洗髪方法です。

テレビやSNS、ネットで話題になったからことで 知っている人も多いかもしれませんね。

なぜネットで湯シャンが話題になったのか。
それはシャンプーの洗浄力が関係します。

シャンプーは洗浄力が強いので健康な頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
その洗浄力に対応することが出来るように体は皮脂を多く分泌する仕組みとなっています。

特にシャンプーを日常的に使っている現代人(特に日本人)は常に頭皮が過剰分泌されている状態となり、薄毛や抜け毛等の頭皮トラブルが起きやすくなってしまいます。

そこでより頭皮に優しい洗髪方法として、湯シャンが注目されるようになりました。

お湯だけで髪の毛や頭皮を洗う習慣をつけることで頭皮の環境を改善することが湯シャンの目的です。

湯シャンの方法

それでは早速、湯シャンの実践法について紹介したいと思います。

STEP1 ブラシで髪の毛をとかす
ヘアブラシを使って髪の毛の絡みをとかしましょう。
髪の毛が絡んでなくとも、ブラシを使うだけでも髪の毛についているほとんどの汚れを落とすことが出来ます。
シャンプーを使って洗髪する時にもブラシを使うか使わないかで髪の毛のダメージが変わるのでブラシを使うことは習慣にしてしまいましょう。

STEP2 ぬるいお湯を使う
温度は34,35度程度に抑えておきましょう。
ぬるいと思いますが、40度ほどの温かいお湯は洗浄力が強すぎてシャンプーと同等の洗浄力で皮脂を洗い流しすぎてしまうのです。

STEP3 実際に頭皮を洗う
指の腹を使って頭皮をマッサージするような感覚で頭皮を洗います。
強く力を入れすぎたり、爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうので程よい力でしっかりと洗いましょう。
2~3分を目安に洗いたいところですが始めたての頃は皮脂が余って気持ちが悪いと思うので10分程度からスタートし、徐々に短くしていきましょう。

STEP4 髪の毛を乾かす
タオルでポンポンと優しく叩くように髪の毛の水分をとります。
ゴシゴシしてしまうと、髪の毛が痛んでしまうので避けましょう。

タオルドライの後、ドライヤーで髪の毛を根本からしっかり乾かします。

頭皮や髪の毛が湿っていると細菌が繁殖してしまうので自然乾燥は絶対にしないでください!

本当に汚れは落ちるの?

今までシャンプーを日常的に使ってきた私たちは最初はお湯だけの洗髪に違和感と不安を覚えると思います。

しかし、お湯の洗浄力は凄いもので皮脂をしっかりと落としてくれます。油汚れにお湯をかけた時のことを想像するとわかりやすいと思いますが温かいお湯だけで、十分に油を洗い流すことが出来るのです。

湯シャンによって得られるメリット

お湯シャンによって得られるメリットにはどんなものがあるのか2つにまとめて紹介したいと思います!

これらを知ることで湯シャンをしてみたいと思えるはずですよ!

強すぎる洗浄力や化学物質から頭皮を守ることが出来る

シャンプーの洗浄力と、40度のお湯の洗浄力はほぼ同じです。

これらを併用して普段髪の毛を洗っている人の頭皮は、皮脂を根こそぎ奪われてしまい頭皮が乾く可能性が高くなります。
また、シャンプーに配合されている化学物質も頭皮や髪の毛に刺激を与える可能性があります。

シャンプーを使わないことで必要以上に流されてしまう皮脂を守る事に繋がり頭皮の潤いを維持し、育毛に適した良い環境を作ることが出来ます。

常在菌を減らさない

人間の頭皮に存在する常在菌が頭皮の環境を守るためにも大切な役割を担っていることを知っていますか?

常在菌が頭皮にまんべんなく存在することで、カビや雑菌の感染、繁殖を妨害することが出来ます。

湯シャンを続けることで、頭皮の常在菌を守ることが出来るので頭皮環境を整え健やかな状態を維持しやすくなります。

湯シャンの注意点

湯シャンの方法とメリットを紹介しました。
これらを見て、ぜひ実践してみたい!と思っている人もいると思います。
今すぐ実践する前に、湯シャン時に注意しなければいけないポイントを覚えておいてください。

皮脂が落ち切らない事がある

湯シャンは頭皮の分泌が特別多い人が実践すると皮脂が落ち切らないことがあります。
皮脂が落ち切らず、必要な量よりも多いと皮脂が酸化してしまい匂いの原因や雑菌の繁殖に繋がってしまいます。

酸化した不衛生な皮脂が原因となって発毛、育毛にも悪影響が出てしまう可能性があります。

特に、AGAを発症している場合は通常よりも皮脂の分泌量が増えてしまうので、湯シャンでは落としきれない場合があります。

必ず良い効果があるとは限らない

湯シャンの効果は個人の体質によって変動します。
皮脂の分泌量が少ない人。
シャンプーの刺激を受けやすい人。
特別に頭皮が弱い人。

これらの人には湯シャンが有効になる可能性が高いですが皮脂が多い人のような湯シャンに向いていない人もいます。

皮脂が多い理由は体質的なものとシャンプーの洗浄力によるものがあるので1週間ほど実践してみて、自分の頭皮との相性を試して様子を見る必要があります。

まとめ

湯シャンが頭皮やAGAにどんな影響を与えるのか知識を紹介しました。
説明させて頂いた通り湯シャンには向き不向きがあります
人によっては満足のいかない結果になってしまうこともあるので向かないと思ったら医師に自分に合った洗髪方法を相談してみるのもオススメです!

0120961309

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック