プロペシアとミノキシジルの違いとは

AGA治療
プロペシアとミノキシジルの違いとはの画像

AGAを治療するための薬の中でも有名なプロペシアとミノキシジルの違いを知っていますか?

知らない人にとってはAGAを治療するという点ではあまり変わりがないと思うかもしれません。

AGAに悩んでいない人なら気にしなくても良いかもしれませんがAGAを治療しようと考えているあなたはこの2つの治療薬の違いを理解した上でどちらで治療を始めるのかを選択する必要があります。

なんとなく、で薬を決めてしまわないようにこの記事で必要な知識を身につけましょう!

有名なAGA治療薬

ミノキシジルとプロペシアはAGA治療を始めている人やこれから始めようとしている人であれば1度は耳にしたことがある治療薬だと思います。

ミノキシジルは薄毛治療薬「リアップ」にも使われているので成分の名前として知っている人も多いのではないでしょうか。

ミノキシジルとプロペシアの違いを知っていますか?

AGA治療薬の中でもミノキシジルとプロペシア。あなたはこれら2つの違いを知っていますか?

これからAGAを改善する為にはどちらかの薬を選ぶ機会があると思います。選択時に適当に決めてしまわないように事前知識を身につけましょう。

プロペシア

プロペシアは元々は前立腺肥大症の治療薬として使われていた薬をAGAの治療に活かしたことから生まれた薬です。

AGAの原因を根本から解消することも出来ますが、それなりの副作用があるので制限が多い治療薬でもあります。

有効成分はフィナステリド

プロペシアには有効成分としてフィナステリドが配合されています。元々は前立腺癌や前立腺肥大症の治療薬として使われていました。

AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害する効果があります。 副作用として男性機能の低下が見られます。

使用できるのは男性のみ

フィナステリドを使用するプロペシアは女性には使用が許可されておらず男性のみのAGA治療薬となっています。

女性が服用、触ることで体内にフィナステリドを吸収することで 将来的に生まれる男の子の生殖器に障害が起きる可能性があることが理由です。

ミノキシジル

リアップの成分として知っている人も多いミノキシジル。
頭皮の血行を促進させることにより、毛母細胞の細胞分裂を活発化させ髪の毛を育てることが出来ます。

AGAの治療だけでなく薄毛や育毛などに幅広く使われています。

経口服用だけでなく直接塗布タイプがある

ミノキシジルには経口服用する内服薬とリアップの様に頭皮に塗布する外用薬の2種類があります。
AGAの改善法の選択肢がプロペシアよりもミノキシジルの方が多いという事ですね。

ただし、厚生労働省から認可されているのは外用薬のみです。内服薬の場合は服用により動悸や臓器不全などの副作用が見られることから安全性を考慮し、処方を行っていないクリニックもあります。

厚生労働省に認可されたAGA治療薬

ミノキシジルは医薬品の中で唯一日本の厚生労働省に認可されています。
AGA治療薬に対して不安がある人は国が認めているという信頼感が治療に対する不信感を取り除く理由になるかもしれませんね。

男性だけでなく女性も使用が可能!

ミノキシジルはフィナステリドのように男性のみの使用制限はありません。
男性と同じとまではいきませんが、量を調整することで女性にも使用が許可されているAGAの治療薬です。

そのため、FAGAを治療しようとしている女性の治療法として最初に提案されるのはミノキシジルの使用だと思います。

副作用は?

男性にも女性にも使用が許可されているミノキシジルですが副作用が数個あります。

・動機や不整脈
・多毛症
・頭皮の痒み(頭皮に塗った場合)
・皮脂が多く分泌される

これらの副作用が出る可能性があるということを覚えておきましょう。

どちらが良いのか

それぞれの違いはわかったけど、自分はどちらの薬を使えばいいのかわからない。
これからどのような治療薬の使用法をすればいいのかわからない人はこちらの項目を参考に考えてみてください!

男性は併用がオススメ

AGAを治療する際に男性はプロぺシアとミノキシジルの併用がオススメです。 プロペシアのフィナステリドによってAGAの原因となるDHTの生成を防ぎミノキシジルによって髪の毛を育てることが出来ます。

併用する際には副作用も増えてしまう可能性がありますがAGAを改善させる可能性も高くなります。

どちらか一方を服用する時と比べて価格も大きく変わってくるのでお財布事情と相談しながら決めてみましょう。

女性は女性用に調整されたミノキシジルの使用がオススメ

女性の場合は、胎児への影響や副作用の影響を受けやすいことからプロペシアを使用することができません。
プロペシアよりもリスクが少なく、血行促進により発毛を促すミノキシジルの方が女性の薄毛治療と相性が良いことから多くのクリニックでミノキシジルを用いた女性の薄毛治療が行われています。

なお、女性の頭皮は男性と比較すると刺激に弱い傾向があり、男性用に処方されたミノキシジルでは刺激が強すぎる場合があります。
そのことから女性用調整したミノキシジルを処方する病院がほとんどです。
市販薬としてはリアップが有名ですが、こちらも女性用に調整された「リアップリジェンヌ」が販売されていますね。
発毛効果を高めるために男性用と同じ濃度のミノキシジルを使いたいという女性もいますが、副作用が強く出てしまうこともあるので医師の指示に従いましょう。

まとめ

今回はミノキシジルとプロペシアの違いについて紹介しました。
違いを知ることは出来たけど、どうやって選べばいいのかわからないという人が殆どだと思います。

わからない時は、医師の診察を受けたうえでどの治療薬を使うのか、併用をするのか等を相談してみましょう。

ミノキシジルについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

0120961309

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック