AGAは完治する?その疑問を徹底解説

AGA治療
AGAは完治する?その疑問を徹底解説の画像

AGAの治療をしている。
これからAGAの治療をしようとしている。

脱毛、薄毛を改善したいと思っている人であれば AGAが完治するかどうか、気になりますよね。

そんなあなたの疑問について詳しく紹介していきます!

AGAって完治するの?

薄毛や抜け毛が多くなり、ハゲてしまう外見に大きな影響を与えてしまうAGA。

治療があるということは、完治させることが出来るのか。
そんな疑問が生まれると思いますが結果からいうと完治は難しいです。

現状では完治は難しい

薬も使わなくていい。
発毛剤を塗らなくていい。

まったく手入れの必要がない状態を「完治」とするのであればAGAの完治は現状難しいです

実際にAGA治療を実施している病院でも下記のように説明しています。

薬の継続が必要であるという意味では、残念ながら、AGAは完治しません。
AGAの治療は「現状維持」「進行を遅らせる」ことが目的となります。

AGAが治療するというイメージを持っていた人からするとショッキングな内容になってしまいますが、2017年現在はこれが現実なので「現状ではAGA完治はできない」と受け止めてください。

なぜ完治が難しいと言われているのか

AGAは男性ホルモンのテストステロンと頭皮などに存在する酵素5αリダクターゼが反応することによって生成されるジヒドロテストステロン(DHT)によって髪の毛の発毛サイクルが乱されてしまう病気です。

AGAの治療を始めても、テストステロンは体内に存在します。
AGAの治療を始めても、5αリダクターゼは頭皮に存在します。

AGAの治療は、5αリダクターゼの働きを抑制することにより髪の毛のサイクルを乱すジヒドロテストステロンが生成されることを予防するものなので根本的な原因の解決にはならないのです。

歳をとればテストステロンは多少減りますが、5αリダクターゼは無くなりません。5αリダクターゼとテストステロンが存在する限り、AGAの完治は難しいのです。

現状維持は可能です!

AGAの完治が出来ないのであれば、もう髪の毛は助からないのだろうか。

確かに完治は難しいと言われていますが、現状を維持することは可能です。
5αリダクターゼとテストステロンが存在する限り完治することは難しいですがAGA治療を続けることにより、今以上に症状が悪化することを抑えることが出来ます。

AGA治療をやめてしまうとどうなる?

AGAの治療を諦めてしまうと、自分の髪の毛はどうなってしまうのか。

治療に疲れたり、面倒くさくなってAGA治療を中断すると発毛剤などの薬によって抑えられていた5αリダクターゼとテストステロンとの反応が再開してしまい、ジヒドロテストステロンが生成されてしまいます。

治療前に戻ってしまうことも…

ジヒドロテストステロンが生成されることにより、あなたの髪の毛はAGA治療前のように髪の毛が抜けやすい環境に戻ってしまいます。

せっかく治療を続けて髪の毛が減らなくなったのに、治療をやめた途端に髪の毛が抜け始めると思うと悲しいですよね。

AGAの治療はそれなりにお金がかかりますし、定期的な通院も必要なので手間になる面も多いですが現状完治ができないので、髪の毛を失いたくないのであれば治療を受け続ける必要があります。

将来的にAGAが完治する可能性は?

現在は完治が無理でも、将来的にAGAが完治する可能性が出てくるかもしれません。

テレビやSNSなどのメディアでも話題になっていた「iPS細胞」を使うことで無くなってしまった毛母細胞を再生することが出来る可能性が出ているそうです。

ビジネスとしてはまだ未完成ですが、慶応大学の研究所では万能細胞であるiPS細胞を使った再生医療の実験で毛包が作成されています。

「iPS細胞を使って無くなってしまった毛根も再生ができる」

その可能性があることを覚えておいてください。

しばらくの間はAGAの完治は難しいかもしれませんが再生医療が進むことにより、あなたのAGAが完治するだけでなく無くなってしまった毛根を再生させることができるのです。

2018年にはiPS細胞を使った治療が実現すると言われていますが(2017年5月現在)それなりにコストがかかります。
1000本で1,000,000円かかると言われていますが、どこまでコストが下がるかが注目されています。

まとめ

AGAは完治するのか、というテーマであなたの疑問を解説しました!
これからAGA治療をしようとしている人も、今現在AGA治療をしている人も治療を続けないと髪の毛はすぐに抜けてしまいます。

現在はまだ完治が出来ないので、髪の毛の状態を少しでも維持しましょう。
あなたの治療のゴールをどこに設定するのかは、お医者さんと相談しましょう。

再生治療の完成までAGA治療を続けるのか。
何歳まで治療を続けるのか。
ゴールを設定することで、AGAと向き合うことができます。

0120961309

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック