【女性版】薄毛になったらまず何をすべき?

FAGA(びまん性脱毛症)
【女性版】薄毛になったらまず何をすべき?の画像

女性にとって薄毛はとても繊細な悩みですよね。
親しい友人や家族にもなかなか相談しづらいのが実際のところです。
「同じ悩みを持つ女性達がどんな対策をしているのか気になるけれど聞けない…」
「ほかの人たちはどんな薄毛対策をしているんだろう?」
そんな疑問を今回はピックアップします!

ほとんどの女性が自宅で出来る治療法を検討

2016年11月に株式会社リクルートライフスタイルが実施した全国20~69歳の男女に対して「薄毛に関する意識調査」を実施しました。

◆やってみたい薄毛対策では、男性は「薄毛の病院や専門クリニック」「薄毛専門サロン」など、自宅でできない専門的な対策も上位に。一方で女性は「ヘッドスパ・ヘッドマッサージ」や「ウィッグ・カツラ」が上位に挙がり、男性より気軽にできる対策が人気

Q. 薄毛に関する対処方法の中で今後やってみたいことを教えてください (複数回答/上位5項目)

男性 n=1606
1育毛エッセンス/ローション、発育毛剤19.9%
2薄毛の病院や専門クリニックで治療16.0%
3薄毛対策用シャンプーやトリートメント14.9%
4市販の薬や漢方10.6%
5薄毛専門サロンに行く9.9%
女性 n=548
1育毛エッセンス/ローション、発育毛剤23.4%
2薄毛対策用シャンプーやトリートメント16.2%
3ヘッドスパ・ヘッドマッサージに行く15.5%
4自宅で手だけでヘッドスパ・ヘッドマッサージ12.7%
5ウィッグ・カツラ(部分用)10.8%

男性に比べて、医療機関で薄毛治療を行おうと思う女性が非常に少ない状態となっており、出来ることなら自宅で手軽に治療したい女性がほとんどとなっていることがこのデータからわかります。

女性にとって薄毛の悩みを誰かに打ち明けるというのはとても勇気がいることです。
例えそれが医師をはじめとした医療関係者であっても、できれば誰にも知られずに薄毛を改善したいと多くの女性が思うのは自然な流れとも言えます。

自宅で薄毛治療は可能なのか

では、上記アンケートのように多くの方が関心を寄せる自宅で行える薄毛治療は実際のところ可能なのでしょうか。

この点については、先に結論を書いてしまうと「自宅での薄毛治療には限界がある」と言わざるを得ません。

例えば、処方薬と市販薬では含有している成分や成分量が異なるように、市販の発毛および育毛製品にも同じことが言えます。成分量が違えばもちろん治療効果も違ってきます。
さらには、薄毛の原因によって効果が得られるものと得られないものがあり、希望通りの治療効果が得られるかどうかも変わってきます。

それでは、今回アンケートで上位にあがった治療方法についてどの程度の治療が可能なのかを見ていきましょう!

市販の発毛剤や育毛剤を用いた治療

市販の女性用発毛剤というと、有名なところでは女性向けに開発された大正製薬から発売されている「リアップリジェンヌ」などがありますね。リアップジェンヌにはミノキシジルが1%配合されており、このミノキシジルが頭皮の血行改善や毛乳頭細胞増殖促進等の作用を発揮することで薄毛を治療します。

少し薄毛が気になる程度であれば、リアップリジェンヌのようにミノキシジルが配合された女性用発毛剤を使用することで効果を得られる場合があります。およそ4か月~6か月程度使用した結果、全体的な髪のボリュームが増えたり、薄かった部分に髪が生えて地肌が目立たなくなった場合は効果があったと言えます。

もし継続利用をしても効果が見られなかった場合や、薄毛の進行がかなり進んでいる場合はよりミノキシジルの濃度が高い治療薬の使用を検討する必要があります。

ただし女性の頭皮は男性と比べて敏感な傾向があるため、ここで安易に男性用のミノキシジルに手を出してしまうと刺激により頭皮の炎症やかゆみなどのトラブルが起きる場合があります。

今の薄毛の状態とそれにあったミノキシジルの配合量については医師の診断のもと処方してもらうのが最もおすすめです。自分に合った濃度のミノキシジルであれば、市販の発毛剤を使用するよりも高い効果が期待できますし、何より効くかどうかわからないものを使い続ける経済的な負担と精神的な不安を解消することができます。

医師の診察を受けなければならない負担はありますが、それを相殺できるぐらいのメリットがあると言えます。

薄毛対策用のシャンプーやトリートメント

シャンプーやトリートメントだけで髪を生やすというのはあまり現実的ではありません。
確かに日常のヘアケアの中で薄毛を治療できればそれに越したことはないのですが、シャンプーもトリートメントも洗い流すという性質を持っている以上、仮に発毛成分が配合されていたとしてもそのほとんどが洗い流されてしまいますし、効果の持続時間も長くはありません。
発毛や育毛の効果があるというよりは、髪にハリやコシを持たせるようなコーティングを施して全体的にボリュームアップして見えるような効果や、発毛しやすい頭皮環境を整えるための効果があると考えたほうが良いでしょう。

ヘッドスパやヘッドマッサージ

ヘッドスパやヘッドマッサージについては効果がある方、無い方がいます。
女性の薄毛にはホルモンバランスの乱れによるFAGAびまん性脱毛症)、頭皮の血行不良による発毛不良、ヘアアレンジ等の負荷による牽引性脱毛症など様々な種類があります。
ホルモンバランスが原因だった場合はヘッドスパやヘッドマッサージをしたところで根本的な解決にはつながらないため薄毛を改善する効果は得られませんし、牽引性脱毛症に至っては頭皮と頭髪が既にダメージを受けている状態なので慎重に行う必要があります。

ヘッドスパは毛穴の汚れ等を取り除き、さらにマッサージによって頭部周りの血行をほぐしてリラックスさせる効果がありますが毎日通う、もしくは来てもらうというのは金銭的にも時間的にも現実的ではありませんよね。
確かに頭皮環境を整えるという意味では有効ですが、残念ながら数回通うだけでは薄毛を改善することはできません。

また、自己流でのヘッドマッサージはかえって頭皮を刺激し、痛めつけてしまうことがあるため正しい方法で行う必要があります。刺激によって頭皮や頭髪に負担がかかるかえって薄毛や抜け毛を促進してしまう結果となります。もしやるのならば、動画や本などで正しいやり方をしっかりとチェックしてから行うようにしましょう。
薄毛の原因が血行不良によるものであれば、継続的にヘッドマッサージを行うことである程度改善することが期待できます。

ウィッグやかつら

ウィッグやかつらについては薄毛を改善するものではありません。
しかし、薄毛の治療は症状の進行度合いによっては長期間に及ぶ場合があり、その間ずっと薄毛の状態のまま過ごすというのはかなりの精神的な負担になります。
ストレスはホルモンバランスの乱れの原因や血管の収縮による血行不良を引き起こす一因となるため、気分転換としてうまくウィッグやかつらを使用するのはおすすめです。

ただし、ウィッグやかつらを長時間着用することは頭皮や頭髪に負担をかけてしまいます。
薄毛を悪化させる原因となりかねないので、あくまでも薄毛治療の効果がでるまでの短時間の使用とするのが良いでしょう。

まとめ

調査の結果にもあったように多くの女性がまずは自宅で治療を試したいと考えます。
上記の方法は全く無効ではありませんし、薄毛の原因によっては有効な治療法となります。
しかし、何が原因で薄毛症状が起きているのかを医療知識のない人間が判断するのは難しく、効果的な治療を行うためにも一度医師の診断を受けていただくのが治療の早道です。
原因が分かれば薄毛治療もより効率よく行うことができますし、薄毛に関する悩みを解消しやすくなります。ぜひ検討してみてください!

0120961309

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック