つむじハゲの原因と改善方法!頭頂部の薄毛を対策しよう

AGAトピックス
つむじハゲの原因と改善方法!頭頂部の薄毛を対策しようの画像

頭頂部の薄毛、いわゆる「つむじハゲ」。
自分では気づきにくい場所だからこそ余計に気になりますよね。つむじハゲの原因や改善と対策方法を解説します。

頭頂部の薄毛「つむじハゲ」とは

つむじとは頭部において毛髪が渦を巻くように放散している中心部のことで、通常は頭頂部にみられます。つむじには右巻きと左巻きの二種類があり、ほとんどの人ではつむじは頭頂部に1つだけみられますが、中には複数のつむじがある人やつむじが全くないという人もいます。

通常、つむじの中心部には毛髪がなく地肌が見えていますが、その地肌の範囲が他の人と比べて明らかに大きくなっている場合にはつむじハゲを発症している可能性があります。

普段は自分のつむじを目にする機会はあまりないため気づきにくいですが、頭頂部を手で触った拍子にボリュームを感じなかったり、指に触れる地肌の面積が広い気がするなどの異変を感じた場合は要注意といえます。

つむじハゲの見分け方

ご自身のつむじが健康なつむじなのか、つむじハゲなのかを見分けるには、以下のようなポイントをチェックしてみましょう。

つむじ周辺や頭頂部の毛髪量をチェック

つむじハゲかどうかを判断するにはつむじ周辺の毛髪量を確認する必要があります。健康なつむじはつむじ周辺に毛髪が密集しており地肌が見えるのはつむじの中心部の小さな面積の部分のみです。

つむじハゲの進行イメージ

これに対してつむじハゲを発症している方では中心部だけではなく周辺の頭皮も広い範囲にわたって地肌が透けて見えます。確認するには手の感触だけでは分かりづらいこともあるので、合わせ鏡をしたり、スマホで写真をとったりするなどして頭頂部を良く観察してみましょう。

毛髪の太さや質感の変化をチェック

健康な人の毛髪は太くハリがあります。これに対してつむじハゲを発症している人の毛髪は細く柔らかいことが多く、産毛や猫毛のようなどと表現されます。生まれつき髪が柔らかい場合は問題ありませんが、頭頂部の毛髪が側頭部や後頭部の毛髪と比べて明らかに細くなっている場合はつむじハゲが進行している可能性があります。

髪が柔らかくなる現象は「軟毛化」と呼ばれており、髪がしっかりと成長できない頭皮環境になっていることが原因と考えられています。AGAの症状のひとつでもあるので、最近髪質が変わった方やつむじ周りや生え際など一部分だけ髪が細くなってきたという方は要注意です。

つむじ周辺の頭皮の色をチェック

赤くなった頭皮

さらに、つむじハゲの見分け方として頭皮の色をチェックする方法があります。
正常な状態であればつむじ部分の頭皮は白色または薄い青色をしています。
これに対してつむじハゲの人のつむじ部分の頭皮は赤っぽい色や日焼けをしたような色をしており、皮脂がたまったり炎症を起こしていることが多いです。

つむじや頭頂部をチェックする際に、合わせて頭皮の色をチェックしてみましょう。
頭皮が赤くなっている場合は、シャンプーが合っていなかったり、シャンプー方法が間違っていたりすることがあります。また、皮脂の過剰分必や紫外線により頭皮がダメージを受け炎症を起こしているケースもあります。

つむじハゲを改善するには頭皮環境を整えるのも重要なポイントとなるので、もし頭皮が赤くなっていたら要注意です。

抜け毛の量をチェック

健康なつむじの人では1日に抜ける髪の毛の本数は50~100本程度と言われていますが、ツムジはげを発症するとこれよりも明らかに抜け毛の量が多くなります。

洗髪時やブラッシング時の抜け毛が以前と比べて増えていると感じる場合は、つむじ周りの髪の毛が多量に抜け落ちている可能性があります。特にサイドや後ろなどに変化が起きていないのに抜け毛が増えているときはつむじハゲに要注意です。

つむじ周りの皮脂やフケをチェック

つむじハゲの人は頭皮環境が悪化しているケースが多く、健康な人と比べてフケの量が多くなる傾向にあります。フケがたまると毛穴がふさがり細菌が繁殖しやすくなります。

今までフケなんて出ていなかったのに急に多量のフケが出るようになった場合は、頭皮環境の悪化が進行している、特に頭頂部にフケが多い方はつむじハゲを発症する可能性が高いと言えます。

つむじハゲの原因

ではなぜ、頭頂部の抜け毛やつむじハゲが起きるのでしょう。 つむじハゲが発症する原因には以下のようなものがあげられます。

AGA(男性型脱毛症)の初期状態

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、思春期以降に頭頂部や生え際の髪の毛が徐々に薄くなっていくタイプの脱毛症のことです。AGAには頭頂部が薄くなっていくO字型のタイプ(O字ハゲ)と、前頭部の生え際が徐々に後退していくM字型のタイプ(M字ハゲ)があります。

AGAはテストステロンが変化したジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが原因で発症すると考えられています。

テストステロンは体内に存在する5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンに変換され、このジヒドロテストステロンの働きにより毛母細胞の細胞分裂が阻害されて脱毛が引き起こされます。

思春期以降の男性で発症するつむじハゲはAGAの初期状態である可能性があり、その場合はクリニックで専用の薬を用いた治療が必要となります。

生活習慣の乱れ

つむじハゲは生活習慣の乱れが原因となって発症する場合もあります。これは、性別や年齢に関係なくあらゆる人で発症する可能性があり注意が必要です。

夜更かしをする人や睡眠時間が極端に短い人はつむじハゲが発症しやすくなります。寝ている間には成長ホルモンが分泌されることで毛髪の発育を促進しますが、十分な睡眠が確保されないと成長ホルモンの分泌量も減少し、毛髪にも悪影響を及ぼします。

不健康な頭皮環境

頭皮環境の乱れもつむじハゲの原因となります。頭皮が黄色くなっている方は酸化した皮脂が蓄積している証拠であり、毛穴が詰まっている可能性があります。

また、頭皮が全体的に赤くなっている方は紫外線などの影響により炎症が起きていることを意味しています。フケが多量に発生している人では皮脂が過剰に分泌されることで細菌が増殖し、頭皮に炎症を起こしている可能性があります。

こうした不健康な頭皮環境は抜け毛を促進することとなり、つむじハゲ発症の原因となりえます。

つむじハゲの改善方法と対策

つむじハゲの発症に気づいた場合は、早急に対策を講じる必要があります。つむじハゲは放っておくと徐々に進行するため早めの対策が欠かせません。具体的な改善方法としては以下のようなものがあります。

生活習慣の見直し

良質な睡眠を確保することはつむじハゲにも大きな改善効果をもたらします。
特に睡眠に入ってからの.3時間は毛髪の発育を促す成長ホルモンが多量に分泌されるといわれているため、できるだけ早く布団に入る習慣を身につけると良いでしょう。

また、寝る前にスマートフォンやパソコンなどの画面を見るとブルーライトの影響によりメラトニンと呼ばれる眠気を誘発するホルモンの分泌量が減少し、睡眠の質が低下すると言われています。
就寝前はこれらの機器を操作せずに、ストレッチをするなどリラックスして過ごすようにすると質の良い眠りを確保することができ、頭皮にも良い影響を与えることができます。

禁煙したり飲酒量を控えたりすることも頭皮の健康を保つうえでは非常に大切です。タバコは頭皮に限らずあらゆる健康面に悪影響を及ぼすため、できるだけ禁煙することをお勧めします。どうしてもご自分の意志で禁煙できないという方は、禁煙外来や禁煙補助薬を利用するという手段もあります。

飲酒については適量であれば問題ありませんが、飲み過ぎは禁物です。1日あたりの飲酒量の目安としては、ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、ウィスキーならダブル1杯程度にすることをお勧めします。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージもつむじハゲには効果的です。マッサージで頭皮の血管を揉みほぐすことで血流が改善され、毛髪の発育に必要な栄養素を毛根に行き渡らせることができます。

薄くなっている頭頂部を中心に、毎日、念入りにマッサージするようにしましょう。入浴時にシャワーの水圧を上げて頭皮に押し当てる方法もおすすめです。血行促進効果に加えて毛穴に詰まった汚れを洗い流す効果もあるので、ぜひ試してみてください。

ただし、頭皮マッサージだけで頭頂部の薄毛やつむじハゲの改善はできません。仮にAGAが原因でつむじハゲが起きていた場合、頭皮マッサージをどれだけ丁寧に行っても原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の抑制はできません。あくまでも頭皮環境を整えるための方法のひとつとして取り入れましょう。

AGA治療薬や育毛剤の使用

育毛剤でつむじハゲの対策

つむじハゲの原因がAGAである場合には専用の治療薬を用いる必要があります。
先述したようにAGAの発症にはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが深く関与しているため、AGAを治療するにはこのジヒドロテストステロンの働きを阻害しなければなりません。

そのためにはプロペシア(一般名:フィナステリド)やザガーロ(一般名:デュタステリド)といった5αリダクターゼ阻害薬と呼ばれる薬を服用する必要があるため、クリニックを受診するようにしましょう。

また、女性や若年者の方など、AGA以外の原因により発症したつむじハゲには市販の育毛剤を用いるという手段もあります。育毛剤はミノキシジルやプロペシアなどの発毛剤と比べるとやや効果が劣るものの、毛髪の成長を促進して脱毛を予防する作用があり、副作用の心配もなく安心して用いることができます。 さらに、頭皮の殺菌作用や保湿作用により、不健康な生活習慣などが原因で悪化した頭皮環境を改善する働きもあります。

代表的なものとしてはチャップアップやイクオスなどが挙げられ、これらの育毛剤はドラッグストアやインターネット通販などでも手軽に購入することができるので、他の改善方法と併せて使用されることをお勧めいたします。

まとめ

頭頂部やつむじハゲは自分では気づかない場所であると同時に、他人の目につきやすい場所でもあります。だからこそ気を付けてチェックしておきたいですね。

つむじハゲは見かけの印象を大きく左右しますし、頭頂部をヘアアレンジで隠すというのも広範囲に抜けてしまった場合は限界がありますので、早めの対策と治療をしていきましょう。

頭皮や抜け毛の悩みにはこちらの記事もおすすめです!

0120961309

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック