頭皮の保湿には化粧水を!選び方のポイントは成分!

AGAトピックス
頭皮の保湿には化粧水を!選び方のポイントは成分!の画像

頭皮の乾燥には頭皮化粧水を使おう!

頭皮は他の部分の肌と違い全体的に毛髪に覆われているため、通常は十分に潤いを保つことができる環境にあります。

ただし、空気の乾燥や湿度の低下、誤ったケアによる過度な刺激、加齢による水分の喪失、紫外線など様々な要因によって、頭皮表面に健康な皮脂膜を維持して水分を保持することが困難になる場合があります。

こうした状態の頭皮は水分保持能力を失い、乾 燥によるバリア機能の低下を引き起こし、外部からの刺激によるトラブルが生じやすくなります。

この状態を放置しておくと、当然のことながら健康な毛髪の発育が妨げられることになり、薄毛や脱毛症につながる可能性があります。

このように頭皮を乾燥から防いで適度な潤いを保つことは非常に大切なことであり、特に冬場などは意識的に湿潤環境を保持するための工夫をする必要があります。

頭皮を保湿するための手軽な手段の一つに頭皮化粧水があります。

化粧水というと顔につけるものというイメージがあるかもしれませんが、実は頭皮にも化粧水を使うことができます

費用もそれほどかからず、自宅で手軽に行うことができる頭皮化粧水によるケアはあらゆる人にお勧めですが、特に以下に当てはまるような人には強く勧められます。

肌が乾燥しやすい人

乾燥肌の人は紫外線などの外部からの刺激が無くても頭皮が常に乾燥しやすくなっています。
このため、日常的に頭皮化粧水を使って肌を潤わせることがとても大切になります。

血行不良な人

血行が悪いと肌も乾燥しやすくなります。こうしたタイプの人は頭皮マッサージを頻繁にして血流を改善させる一方で、頭皮化粧水を用いて頭皮に潤いを与えてあげる必要があります。

紫外線を浴びやすい環境にある人

頭部は服で覆われておらず、むき出しになっているため、どうしても紫外線の影響を強く受けてしまいます。
紫外線には皮膚を乾燥させる働きがあるため、屋外で仕事やスポーツなどをされる方は特に頭皮が乾燥するリスクが高くなります。

このため、頭皮化粧水を頻繁に塗布してあげることで乾燥を防ぐための対策を取る必要があります。

頭皮化粧水は成分で選ぼう!

化粧水

頭皮化粧水には数多くの種類がありますが、特に注目して欲しいのが化粧水に含まれる成分です。

センブリエキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの生薬成分

頭皮の新陳代謝を活発にさせて弾力を回復させ、発毛に適した環境を作りだします。

感光素201号

抗菌成分の働きによりニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防いで頭皮を清潔な状態に保ちます。

グリチルリチン酸2K

頭皮の炎症を抑制する効果があり、頭皮ニキビの改善にも効果が期待できます。

乳酸やリンゴ酸

厚くなった角質を柔らかくして毛穴の詰まりを防止します。

セラミド3、ビタミン・ミネラル

肌のバリア機能を高めて抵抗力を向上させます。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど

頭皮を乾燥から守り潤いを保つ効果があります。

このほか、ローヤルゼリーエキスや植物エキスなどが豊富に配合されているもの、エチニルエストラジオールなどが含まれているものなどもオススメです。

値段やブランドだけに注目せず、内容成分もしっかりとチェックしておきましょう!

頭皮化粧水を使う際の注意点とは!?

頭皮に使う化粧水はどんなタイプのものでもいいというわけではありません。
使用に際しては以下のような点に注意するようにしましょう。

粘度の高いものは避ける

クリームのようにドロドロとしたタイプの化粧水は頭皮の毛穴を詰まらせる可能性があり、おすすめできません。サラッとしていて液体に近い成分を選ぶとよいでしょう。

フケが多い人は専用タイプものにする

フケが多いと悩まれている方にはフケ専用の成分が入った頭皮化粧水を使われることをおすすめします。フケには抗炎症成分がよく効くため、グリチルリチン酸などを含むものを選択するとよいでしょう。

頭皮化粧水は洗髪後につけること

頭皮が汚れた状態で頭皮化粧水をつけても地肌に浸透しにくく十分な効果を得ることができません。
頭皮化粧水は洗髪後の清潔な頭皮につけるようにしましょう。その際はドライヤーでよく髪を乾かした後に頭皮に等間隔で点在するようにつけていき、指で頭皮全体に広げていくことがポイントです。

頭皮の乾燥を防ぐためのその他のポイント

化粧水の使用と併せて以下のような点にも注意することで、より効果的に頭皮を保湿することが可能となります。

刺激の少ないシャンプーを使う

洗浄力の強い石油系のシャンプーを使うと皮膚の皮脂を過剰に洗い落とされてしまい、頭皮が乾燥してしまう可能性があります。

このため、こうした石油系成分を含んだシャンプーは極力避けるようにして、代わりにアミノ酸系の成分を含んだシャンプーを用いるようにしましょう。アミノ酸系のシャンプーは薬用シャンプーやスカルプシャンプーと呼ばれるものに多いです。

ドライヤーを正しく使う

頭皮が乾燥することを恐れてドライヤーを使わないという方もいますが、これはかえって髪の毛に悪影響を与えることになります。

濡れたままの髪の毛や頭皮には雑菌が溜まりやすく炎症を起こす原因にもなるので、お風呂上がりは素早く頭部を乾かすことが大切です。

タオルで髪を軽く拭き取ったあと、ドライヤーを使って全体的にサッと髪の毛を乾かすようにしましょう。
一カ所に強い熱を当て続けると頭皮や毛髪が痛む原因にもなるため、ドライヤーを素早く動かしながら乾かしていくのがコツです(美容師さんがやるようなドライヤーの使い方です)。

紫外線に注意する

紫外線は頭皮に大きな悪影響を及ぼします。紫外線の強い季節には帽子をかぶったり、日当たりの強い場所を避けるなどしてできるだけ頭皮を紫外線のダメージから守ってあげるようにしましょう。

まとめ

頭皮に化粧水をつける際は清潔な手で、爪を立てないように塗るようにしましょう!また、しっかりと保湿したいからと過剰につけすぎると髪の毛がぺったりとしてしまうことがあるので、適量を指の腹で優しくなじませるのがポイントです。

頭皮化粧水は、頭皮の保湿を行いたい方はもちろん、頭皮ニキビに悩んでいる方、紫外線のケアを行いたい方にもおすすめです。ぜひ日々のヘアケアに取り入れてみてください。

0120961309

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック