フィナステリドよりも効果的?デュタステリド(ザガーロ)によるAGA治療

AGA治療
フィナステリドよりも効果的?デュタステリド(ザガーロ)によるAGA治療の画像

2015年9月28日に厚生労働省よりAGA(男性型脱毛症)治療薬として認可されたデュタステリド。
2016年6月13日にグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)より「ザガーロ」の名称で正式な販売が開始され1年以上が経過しました。
「ザガーロカプセル0.1mg」と「ザガーロカプセル0.5mg」の2種類がありミノキシジルフィナステリド(プロペシア)よりも販売を開始して日が浅いことからまだ試したことがない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなデュタステリドについて解説します。

デュタステリド(ザガーロ)の効果とは

デュタステリドの効果を説明する前に、簡単にAGAの原因をおさらいしましょう!

男性ホルモンの一種テストステロンが皮脂腺や毛乳頭に存在する酵素「5αリダクターゼ」と結びつくと悪玉男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。
このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞内のホルモンレセプターと結合するとトランスフォーミング増殖因子の一種である「TGF-β」の増殖が起きます。

TGF-βは別名「脱毛因子」とも呼ばれ、髪の毛の素となる毛母細胞の増殖を抑制し、細胞死を引き起こす作用を持っています。
TGF-βが増殖してしまうと髪の毛の成長が阻害され、まだ抜ける予定ではなかった髪の毛が抜け落ちて薄毛やハゲの症状を引き起こします。

ジヒドロテストステロンがAGA症状の主な原因となることからフィナステリドはテストステロンがジヒドロテストステロン化しないように5αリダクターゼを抑制することでAGA症状の進行を抑制します。

デュタステリドも同じく5αリダクターゼを抑制する効果をもっており、AGAの根本的な原因を抑える作用を発揮します。

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の違い

デュタステリド、フィナステリドともに作用としては5αリダクターゼを抑制することによって予めジヒドロテストステロンが生成されることを阻止するタイプのAGA治療薬となります。
一見すると全く同じ作用の薬に見えますがちゃんとした違いがあります。

抑制できる5αリダクターゼの種類が違う

フィナステリドの添付文書には「5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬」
デュタステリドの添付文書には「5α還元酵素 1 型/ 2 型阻害薬」と記載されています。
こちらの表記の通りデュタステリドの方が抑制できる5αリダクターゼ の種類が多くなっています。

元々5αリダクターゼというのは2種類あります。
・I型5αリダクターゼは全身に存在、頭部では後頭部や側頭部に存在
・II型5αリダクターゼは頭頂部生え際、髭などに多く存在

I型5αリダクターゼ、II型5αリダクターゼのどちらもテストステロンと結びつくことでジヒドロテストステロンを生成します。
フィナステリドがII型5αリダクターゼだけを抑制するのに対して、デュタステリドはI型5αリダクターゼ、II型5αリダクターゼの両方を抑制します。

抑制効果の強さが違う

海外での臨床試験ではデュタステリドはフィナステリドよりも5αリダクターゼに対し強力な抑制力を発揮する結果が出ています。
I型5αリダクターゼに対し100倍以上、II型5αリダクターゼに対し3倍以上の阻害作用を発揮することが分かっており、さらにザガーロの販売元であるグラクソ・スミスクライン株式会社による20歳から50歳のAGA患者を対象とした国際共同試験及び国内臨床試験によると24週間の投与でフィナステリドよりもおよそ1.6倍の毛髪数変化が起きたことが証明されています。

【毛髪数の変化】
・ザガーロ0.5mg(変化量89.6)
・ザガーロ0.1mg(変化量63.0)
・フィナステリド1mg(変化量56.5)

さらに、医療関係者向けに発表されている資料によると毛髪の太さについても変化が見られたとされています。

【毛髪の太さ】
・ザガーロ0.5mg(変化量5.8)
・ザガーロ0.1mg(変化量3.9)
・フィナステリド1mg(変化量4.0)

引用:ザガーロ 臨床成績・安全性情報 | HealthGSK.jp

このように、非常に効果の高い発毛効果が期待できる結果となっており、2017年現在では様々なクリニックで処方が行われています。

デュタステリド(ザガーロ)を選択する前にリスクも知っておこう

デュタステリドはフィナステリドを上回る発毛効果を期待できるAGA治療薬です。
しかし、効果が強いという事は副作用のリスクも当然高まります。

日本人120例の内、副作用を発症したのは14例(11.7%)となっており主なものとして精力減退(リビドー減退)、勃起不全、射精障害が挙げられます。
また、長期服用によって副作用発症は20例(16.7%)に上昇し上記で挙げた副作用症状を発症する比率も上がることが報告されています。AGA治療をしつつ子作りを検討している方は様子を見ながら服用されたほうが良いでしょう。

また、フィナステリド同様、妊娠中の女性が薬剤に触れると男性胎児の外生殖器発達を阻害することも分かっています。使用できるのは成人男性のみという点と合わせて注意しましょう。

まとめ

デュタステリドはフィナステリドよりも強力にジヒドロテストステロンの生成を抑えることから効果的なAGA治療が期待できます。
フィナステリドで思うような結果が得られなかった方に対しても有効に作用する場合があり、AGA治療の可能性を広げる医薬品と言えるでしょう。

ただし、先述のとおり副作用のリスクもあるため、デュタステリド使用中に副作用症状が現れた場合は、無理に服用を継続せず医師にその旨を伝え自分に合った治療薬を再検討しましょう。

効果も大事ですが、身体にならべく負担をかけずに治療を行うのも大切なポイントですよ!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

AGAの記事一覧を見る
ドクター正木の教えてAGA AGAセルフチェック FAGAセルフチェック